弁護士依頼のメリット

後遺障害の等級取得をするにあたって、最初におこなわなければいけないのが、弁護士への依頼です。弁護士へ依頼すること自体のハードルが高く感じるかもしれませんが、等級取得は手続きが煩雑で、専門的な知識も必要とされます。そのため、障害を背負った本人のみでおこなうのは、非常に難しいです。また、弁護士ならだれでも良いわけではなく、弁護士にも得意分野があるため、後遺障害の等級取得の経験豊富な弁護士探しをおこなう必要があります。

弁護士へ依頼するメリットは、手続きや知識だけではありません。等級申請をおこなう主な判断材料として、主治医が作成する後遺障害診断書があります。この作成に当たって、弁護士が主治医と掛け合ってくれるので、あいまいな診断書で等級が軽くなるといったようなことを防ぐことができ、また適切ではない等級となった場合に、不服申し立てもおこなってくれるので、安心です。他にも加害者側の保健会社との示談交渉や示談金の上積みなども全てお任せできるので、心強いこと間違いなしです。

このようなメリットがあることから、等級取得はまず弁護士探しから始めることが必要です。弁護士を探すには、地域の弁護士センターで相談したり、インターネット上で弁護士事務所のHPをみて探すのが一般的です。