後遺障害と等級の種類

では、弁護士への依頼の必要性がわかったところで、次に後遺障害の等級の種類と該当する障害について紹介します。

まず後遺障害の等級は、自賠責施行例によって定められており、介護を必要とするかどうかで大きく分かれます。介護を必要とする場合は、2種類の等級に分かれ、常に介護を必要とする場合には、1級に認定され、保険金も4,000万円と一番高額です。随時介護が必要な場合は2級に認定され、保険金が3,000万円と2番目に高額です。介護を必要としない場合の等級は、全14種類と細かく分類され、保険金額も1級が3,000万円で、最も軽い14級で75万円となっています。

次に、後遺障害の該当となる病状ですが、これも細かく設定されています。主な病状としては、身体の損傷や障害です。植物状態、脳障害から上肢、下肢機能障害、感覚異常や外貌醜状などが対象となります。また、あまり知られていませんが、精神の後遺障害も対象となります。交通事故被害の経験からPTSDや慢性的なムチ打ち症、うつ病を発症することがあります。精神障害もまた細かく規定されており、詳細な内容については、国土交通省のHPに一覧表があるため、そちらを参照するとわかりやすいでしょう。