等級取得の流れ

後遺障害の等級取得の流れについて紹介します。等級取得の手続きは、事故発生時から必要になります。怪我の大小に関わらず、必ず警察を呼び、人身事故で処理をしてもらわなければいけません。その後、治療についても整骨院や整体ではなく、外科や整形外科に通院する必要があります。治療の経過や医師の見立てが、等級設定の判断材料となるためです。

次が最も重要な、症状固定の判断です。症状固定とは、これ以上治療を続けても回復の効果がほとんど見込めない症状のことであり、いわゆる後遺障害に該当する部分です。症状固定を決定すると、その後の治療費や通院交通費は、相手の保険会社から支払われなくなります。そのため、固定症状の決定は主治医とよく相談して、慎重に決定する必要があります。

主治医から固定症状の決定を受けたら、後遺障害診断書を作成し、等級申請をおこないます。この申請手続きは、必要な書類も多く、専門的な知識が必要となるため、必ず弁護士に確認してもらう必要があります。最終的に等級が認定されたら、最後の仕事として、加害者側の保険会社との示談交渉があります。この示談交渉しだいで、賠償金額が大きく変わるため、無理せず弁護士にお願いしましょう。

≪参照≫後遺障害等級取得相談━交通事故被害者救済サイト

以上、後遺障害の等級取得に関わる一連の流れを紹介しました。まず事故にあったら弁護士へ依頼することが大切です。

後遺障害と等級の種類

では、弁護士への依頼の必要性がわかったところで、次に後遺障害の等級の種類と該当する障害について紹介します。

まず後遺障害の等級は、自賠責施行例によって定められており、介護を必要とするかどうかで大きく分かれます。介護を必要とする場合は、2種類の等級に分かれ、常に介護を必要とする場合には、1級に認定され、保険金も4,000万円と一番高額です。随時介護が必要な場合は2級に認定され、保険金が3,000万円と2番目に高額です。介護を必要としない場合の等級は、全14種類と細かく分類され、保険金額も1級が3,000万円で、最も軽い14級で75万円となっています。

次に、後遺障害の該当となる病状ですが、これも細かく設定されています。主な病状としては、身体の損傷や障害です。植物状態、脳障害から上肢、下肢機能障害、感覚異常や外貌醜状などが対象となります。また、あまり知られていませんが、精神の後遺障害も対象となります。交通事故被害の経験からPTSDや慢性的なムチ打ち症、うつ病を発症することがあります。精神障害もまた細かく規定されており、詳細な内容については、国土交通省のHPに一覧表があるため、そちらを参照するとわかりやすいでしょう。

弁護士依頼のメリット

後遺障害の等級取得をするにあたって、最初におこなわなければいけないのが、弁護士への依頼です。弁護士へ依頼すること自体のハードルが高く感じるかもしれませんが、等級取得は手続きが煩雑で、専門的な知識も必要とされます。そのため、障害を背負った本人のみでおこなうのは、非常に難しいです。また、弁護士ならだれでも良いわけではなく、弁護士にも得意分野があるため、後遺障害の等級取得の経験豊富な弁護士探しをおこなう必要があります。

弁護士へ依頼するメリットは、手続きや知識だけではありません。等級申請をおこなう主な判断材料として、主治医が作成する後遺障害診断書があります。この作成に当たって、弁護士が主治医と掛け合ってくれるので、あいまいな診断書で等級が軽くなるといったようなことを防ぐことができ、また適切ではない等級となった場合に、不服申し立てもおこなってくれるので、安心です。他にも加害者側の保健会社との示談交渉や示談金の上積みなども全てお任せできるので、心強いこと間違いなしです。

このようなメリットがあることから、等級取得はまず弁護士探しから始めることが必要です。弁護士を探すには、地域の弁護士センターで相談したり、インターネット上で弁護士事務所のHPをみて探すのが一般的です。

後遺障害の等級習得

交通事故被害で残った後遺障害について、等級取得できることはご存知でしょうか。後遺障害の等級とは、痛みや身体の不具合などの後遺障害が残ってしまった場合に、症状に即した適切な賠償金を受け取ることができる重要な制度です。認定された等級に応じて、慰謝料などの賠償金額が適切に算出されるため、後遺障害が何級に認定されるかは、非常に重要なことです。また、後遺障害の等級取得を適切におこなわなければ、適切な賠償金を受け取ることができずに、自分の今後の人生にマイナスとなります。そのため今後、後悔しないためにも、適切な後遺障害の等級取得をおこなうことが大切です。

後遺障害の等級取得の重要さがわかったところで、どのように手続きをするのでしょうか。等級取得は、かなり複雑な手続きと専門的な知識を要するため、自分一人では、取得は難しいです。もし取得できても適切な等級ではなく、軽い等級になる可能性も高いです。そのため、まずは弁護士へ相談し、依頼することが必要です。その弁護士からアドバイスを受けながら必要な取得の手続きに入ります。また等級取得後、先方との示談交渉もあるため、やはり弁護士へお願いするのが確実です。

このように、このサイトでは、後遺障害の等級取得とは何か、そして等級取得までの流れなどをピックアップして紹介していきます。交通事故被害は、自分がどんなに注意していても、相手の不注意から起こりえる被害のため、いつ自分が対象になるかわかりません。だからこそ、日頃から正しい知識を身につけておくことが必要です。