等級取得の流れ

後遺障害の等級取得の流れについて紹介します。等級取得の手続きは、事故発生時から必要になります。怪我の大小に関わらず、必ず警察を呼び、人身事故で処理をしてもらわなければいけません。その後、治療についても整骨院や整体ではなく、外科や整形外科に通院する必要があります。治療の経過や医師の見立てが、等級設定の判断材料となるためです。

次が最も重要な、症状固定の判断です。症状固定とは、これ以上治療を続けても回復の効果がほとんど見込めない症状のことであり、いわゆる後遺障害に該当する部分です。症状固定を決定すると、その後の治療費や通院交通費は、相手の保険会社から支払われなくなります。そのため、固定症状の決定は主治医とよく相談して、慎重に決定する必要があります。

主治医から固定症状の決定を受けたら、後遺障害診断書を作成し、等級申請をおこないます。この申請手続きは、必要な書類も多く、専門的な知識が必要となるため、必ず弁護士に確認してもらう必要があります。最終的に等級が認定されたら、最後の仕事として、加害者側の保険会社との示談交渉があります。この示談交渉しだいで、賠償金額が大きく変わるため、無理せず弁護士にお願いしましょう。

≪参照≫後遺障害等級取得相談━交通事故被害者救済サイト

以上、後遺障害の等級取得に関わる一連の流れを紹介しました。まず事故にあったら弁護士へ依頼することが大切です。